■前立腺周辺の考察

エネマグラを習得するには前立腺の構造を知っておいたほうが良いでしょう。
筆者は専門家では無いので、限られた情報の中でしか考察できません。
何か間違いがあったらご指摘下さい。


■個別機能

通常の射精ルート

精巣(睾丸)で生産された精子は、精管上体(副睾丸)、精管膨大部に溜まっています。
射精の際は、前立腺液、精のう液の混合液と一緒になり精液として排出されます。


・前立腺

前立腺液が分泌されます。(精液の約20%分)
医学的に詳しく解明されていない器官です。


・精のう

精のう液が分泌されます。(精液の約70%分)


・カウパー腺


アルカリ性の分泌液(ガマン汁)が出ます。
膣内の酸性から精子を守るため、これで中和保護します。
分泌量はあまり多くなく、エネマグラのプレイ中に分泌される液は前立腺液や精のう液の方が多いのではないでしょうか。


・括約筋

外括約筋と内括約筋の2重構造となっており、内括約筋の方が締める力は強いと思われます。
ここに力が入っているとエネマグラがスムーズに動かなくなります。
プレイ中はPC筋だけの入力にとどめ、肛門括約筋はリラックスさせておくのがコツ。


・PC筋


末端は恥骨と尾てい骨に繋がっており、尿道と直腸を8の字状に取り巻いています。(8の字筋とも言う)
おしっこを切る動作をすると動きます。
肛門を締める動作とも連動しており、初めの方はPC筋、後半より肛門括約筋が収縮します。


前立腺の隆起

前立腺が隆起は直腸側から指を入れて確認できます。


内臓位置の変化

膀胱に尿が入っていると、精のう・前立腺ともに圧が掛かりやすくなると思われます。
体位の違いでも、内臓重量・腹圧などの影響による微妙な配置の変化はあると思われます。


何も使わずPC筋を収縮させるだけで気持ちいい

PC筋は8の字の前の穴に尿道が通っているような構造です。
その近くの上部に前立腺があり、PC筋が緊張すれば前立腺にも影響を及ぼすでしょう。
何も道具を使っていないのにドライオーガズムに達する人がいるのはこの為ではないでしょうか。


■エネマグラの作動原理を解く
はじめに

想像でカバーしてる部分があることを、お断りしておきます。
リラックスして迎えるタイプのオーガズムでのエネマグラの動きを描いてみました。


エネマグラが動かされる要因

自発的な入力を除くと、前立腺の快感による自然なPC筋の収縮(肛門括約筋含む)で動く。
他に、腸の蠕動、血管の脈動、会陰の斥力などがあります。


肛門括約筋の収縮

エネマグラの形態が胴部の中ほどで太くなっている事で、肛門を収縮すると奥へ移動しようとします。
しかし肛門を締めるということはエネマグラの動きを阻害することになり、通常はリラックスさせておいた方が良い。



PC筋の収縮

通常は内臓重量の影響で下に緩んだ状態で、収縮すると、ピンと張った状態になり、奥方向へリフトします。
エネマグラが入っていれば、PC筋が両わきから支える形で同一方向にリフトし、ヘッドで前立腺がマッサージされると思われます。


EXのヘッド部の当たる位置

ヘッドの部分が前立腺の中程から上の真ん中辺りに当たるのがベストなポジションではないでしょうか。
上へ動く余地も残しておかないとエネマグラが自律的に動作するのは難しいと思います。

腸内に引き込まれた時に精巣膨大部の接点を撫でるイメージが良さそうです。
この不安定な位置に留まらせるのが難しく、ドライオーガズムを遠ざける一因であると思われます。




inserted by FC2 system