■エネマグラレビュー

筆者の視点で、各製品の使いこなしのポイントなどを書いてみます。
感じ方には個人差がありますので、あくまでも参考程度にしてください。
※製品名をクリックするとアマゾンで購入出来ます。 エネマグラストア

エネマグラ EX


前立腺のキューンと切ないような鋭い快感が一番強いタイプ。
使いこなしは難しいが、極上の快感を得ることができる。

パインズカンパニーと三牧ファミリー薬局の2種類ある。(ヘッドと肛門保持部分の形状など、微妙に違うらしい)
また、パインズカンパニー製のものでもロットにより材質が微妙に違う。
純白と、アイボリーで少し透明度があるのがある。
後者の方が柔軟性があり使用感がいい。

肛門をリラックスさせ奥に入る余地を残す。
PC筋は微入力で不安定な位置に定置させていると甘く優美なドライを迎えることができる。

その延長で積極的にPC筋を入力していけば、激しいオルガズムが得られる。
入力はただ力を込めるのではなく、自然に力が入る状況下で、リズムカルに補助的に入力していくと良い。
焦らず徐々に高めていくのがコツ。

※初心者にお勧め。


エネマグラEX 2


EXと同一線上のドライが得られる。
全長の長さが短いのと会陰に当たる部分が肛門保持部分に近いのが特徴。

EXよりこちらのほうが当たりは優しい。

前立腺の開発を除き、PC筋の強い入力は1プレー中の頻度を程々に控えた方が良さそうだ。
ジワッと強めた状態をキープしたままの状態を保持し、一気に脱力、この瞬間がドライ発動のタイミングに合致しやすい。

※初心者にお勧め。


エネマグラ ドルフィン


コブの存在感があり、射精感の強いタイプ。
ベーシックで守備範囲が広い。

コーティングによりローションの乗りは良い。
当たりが優しく強い入力もOK、針金で会陰部分の調整ができるのもポイント高い。

肛門の力を抜き、スルスルとおりた位置からPC筋を少し緊張させてゆっくりわずかに引き上げ、
じんわりした状態をキープ、この状態でかなり動く。
ドライが発動したら入力を強めると良いが、焦りは禁物。

※初心者にお勧め。


エネマグラ バンブー


存在感のある太く重量感のあるバーと異様な頭部のバランスがデザインの特徴です。
ゾクゾク感と突発的に導かれるドライは他では味わえない。

初めて強烈なオーガズムを味わったモデル。
筆者の使い方は、ウンチスタイルか正座の体位で、会陰に当たる部分の重さを利用する。
肛門を緩めると、エネマグラ自体の重さでスルスルと降りてくる。
この時、ゾクゾクするような快感が走り、その反射作用で引き込まれるのを繰り返す。

さらに絶頂に向かうには、会陰に当たる部分が離れるくらい脱力、脈動に連動してエネマグラがピクピク動く。
この前立腺にフックしたような状態をキープしていると、突然ある位置にはまったかのようになり、そこから絶頂に導かれる。
(この方法は確実性がなく、ちょっと気まぐれなのが残念ではある)


エネマグラ サドル


前から後ろから前後両用の特殊ENEMAGRAです。
挿入しながら通常のセックスも可能で、持続力と射精時の快感が増したという報告もある。

残念ながら筆者はこのタイプを使用したことがないのでコメントは出来ません。


エネマグラ ユーロ 黒


エネマグラ10周年モデル!!
形状はEX2とほぼ同形でサイズが全長と太さ共に2mm程大きい。
予めやすりがけもされていて、初期に多かったバリなどの心配もなく、
挿入感が自然でなめらか、使用感はEX2とあまり変わらないと思う。
小型でヘッドがよく動くので、ドライポイントを容易にキャッチする事が可能です。

強烈な快感が続くので使用は長くても1時間半位で止める事をお勧めします。




▲ページのトツプへ戻る
inserted by FC2 system